シュプラッハカフェ詳細情報

Sprachcaffeはこんな学校
  • 学校のはじまり
  • Sprachcaffeの由来
  • 数字で見るSprachcaffe
  • ワールドワイドな語学学校
  • 認定機関による認定校
  • よくあるご質問

シュプラッハカフェはローマで生まれ育ったサルノ兄弟によって1983年に設立されました。スローガンは “言葉を学ぼう!沢山の人に出会おう!”

学校のはじまり

Sarno兄弟は金融学を学び、最初の語学授業をイタリアの自分たちの家で行いました。レッスンは、パスタやワインといったおいしい食事と共に行われることも少なくありませんでした。また彼らは様々な語学学校で講師をした経験もあります。旅行中にカラブリアのキャンプ場にてイタリア語の授業を行ってしまったほど、Sarno兄弟の語学への興味の大きさは膨大でした。

このような経験を通して、1983年Sarno兄弟はドイツ・フランクフルトにSprachcaffeを開校しました。 授業を受講した生徒達は新しい「会話の理念」を使った授業に大きな興味を持ち、このコンセプトこそが他のロケーションでも学校を早く開校できる結果となりました。

シュプラッハカフェという名前の由来

初めて「シュプラッハカフェ」とう名前を聞いた時、綴りを正しくかけましたか?おそらく大半の方がNoという答えだと思います。なぜなら「Sprachcaffe」はドイツ語とイタリア語を融合させた言葉だからです。

Sprachcaffeという名前は、Sarno兄弟がイタリアの伝統あるカフェ"Caffè Letterario"から思いついたものです。このイタリアのカフェは政治や文化から派生したテーマを語り合う知的な人同士の出会いの場でした。この伝統的なカフェの名前をもとに"Caffè Linguistico"つまり世界中の人々と和やかな雰囲気の中、人と出会いそして異なる言語でお互い会話を楽しむことができるという名前をアイディアを思いつきました。

さらにドイツに学校を開校したので「会話・言語」という意味の"Linguistico"を"Sprache"とドイツ語にし"Sprachcaffe"という学校名ができあがりました。

※これがCafeではなくCaffeである所以です。

数字で見るシュプラッハカフェ

  • 世界中にいる200名を超えるスタッフ
  • 毎年40,000名以上の生徒がSprachcaffeで新しい出会いを経験
  • 2500以上のパートナー
  • 世界26都市の学校
  • 7言語

    ワールドワイドな語学学校

    シュプラッハカフェでは、毎年数千人にのぼる社会人、大学生、中高生へ語学留学プログラムを提供しています。授業はコミュニケーションに重点を置いたリラックスした楽しい雰囲気で行われ、語学を短期間で上達させることができます。

    近年では語学のみならず、ダンスやダイビングといったその地の文化により深く関われるコースも開講しています。ぜひあなたもシュプラッハカフェで充実した留学生活を送りませんか?

    2011年よりアメリカ・カナダ地域は今まで根づいてきたGEOSの名前を残しつつ、新生GEOSに生まれ変わりました。現在は、「Sprachcaffe GEOS language Plus」として運営し、より英語の語学留学を希望するお客様の要望にお答えできる体制となりました。

    認定機関による認定校

    シュプラッハカフェは世界にある認定機関FIYTO (Federation of International Youth Travel Org.), ALTO (Association of Language Travel Organisations) そして FDSV (Fachverband Deutscher Sprachreiseveranstalter)で認定されています。また、イギリスの校舎はBritish Council、スペインの校舎はInstituto Cervantes によって認定されています。