【インタビュー】マルタ校でのインターンについて

こんにちは!
マルタ校のインターン生のEmiです。
今回は、マルタでのインターンについてご紹介していきます!!

・バックグラウンド(インターンまでの経歴)

大学を卒業後、大学時代からアルバイトをさせて頂いていた会社に内勤として1年間勤務し、その後、そのまま就職しました。
前職では、アルバイトの期間を含めて、約9年間務めさせて頂きました。
退職後、半年間Sprachcaffe Malta校で生徒として英語の勉強をし、その後インターン生としてMalta校に戻ってきました。

・海外に興味を持ったきっかけ

子供の頃に、旅行好きだった母から海外旅行の話しを聞き、行ってみたいな住んでみたいなと思ったのがきっかけです。
また、アメリカやヨーロッパの文化に憧れもあり、いつかは英語をしゃべれるようになって働きたいと思っていました。
また、語学を学ぶのが好きだったのもきっかけのひとつです。

・インターンに挑戦しようと思ったきっかけ。また、どのようにSprachcaffeのインターン情報を知ったか

学校にフライヤーが掲示されており、そちらを見てインターンがあることを知りました。

インターンをする前の生徒だった時期に、留学にいらっしゃっている他の生徒様とお話しする機会があり、色々な悩みを抱えられて相談されることもありました。
そのときに、自分の留学の経験を活かして、生徒様を助けることができればと思いインターンシップに応募させて頂きました。

また、海外で働くことが夢だったので、その夢のためへの経験の足がかりにもなればと思ったのがきっかけです。

・Sprachcaffeのイメージ(インターン前・後)

まず、パンフレットやホームページで見ると一番最初に目に付く、綺麗なプールと写真でリゾート感があるんだろうなと思ってました。

実際、その通りなのですが笑 

そして、ヨーロッパなので、ヨーロッパ人が多く、生徒や住んでいる人達はクールなイメージでした。
でも、実際に学校に来るとヨーロッパ人以外にも南米からの生徒やスタッフも多く、住んでいる人達もとても優しく困ったことがあると、みなさん助けてくれます。

学校と寮も近く、清潔感もあり、とても過しやすいなと思います。
スタッフの皆さんもとてもフレンドリーで、アットホームなイメージです。

・インターンで行った具体的な仕事内容

インターンシップでは、主に日本人生徒様のカウンセリングをしています。

やはり、海外留学で生活面において慣れないことがあったり、授業が英語なので不安に感じられる生徒様がいたりと、抱える不安はそれぞれなので、それぞれにお話を伺って学校との間に立って対応をしています。

また、Sprachcaffeの校舎は世界各国にあり、各校舎で卒業する日本人の生徒様に日本語でフィードバックを記入していただいているのですが、そのフィードバックの依頼と記入していただいた内容を英語に翻訳して各学校へフィードバックをしています。

そして、Sprachcaffe公式サイトにてマルタでの生活や学校の情報などのブログを執筆したり、公式のInstagramを更新したりしています。

・インターンで良かったこと/大変だったこと

良かったこと:
まずは、もちろんですが、英語を使った環境で仕事の経験ができるということです。

普通の勉強だけでは学べないビジネスメールでのやりとりや、授業以外での英語のスピーキングを自分よりも上のレベルの人と話せることができます。

また、日本人の生徒様を含めてたくさんの人に会うことができるので、自分のコミュニケーションスキルの改善、考え方、人生観などを学ぶことができます。

私が日本で会社に勤めていたときは、日々の業務を終わらせることでいっぱいいっぱいで、先のことを考える余裕はなかったのですが、インターンでマルタ校に勤め、他の国の生徒様やスタッフから話しを聞き、

「あぁ。こういう考え方や生き方もあるんだな。」

と学ぶことがたくさんあります。

先の留学でも、自分の考えや人生観が変わったなと思うことがあったのですが、インターンを通して、さらに多くの人と会うことで、より自分の考え方や人生観について色々な意見を学ぶ良い機会をもらったなと思います。

大変だったこと:
大変だなと思うこともありますが、全部が

「自分の経験になる!チャレンジだ!」

と思うと特に大変だなと感じたことはありません。

よくEducation Officeのスタッフと、

「~が難しい…、大変だ…」

などと話すと、

「Not difficult, it’s a Challenging(難しいじゃなくて、挑戦だ!!)」

と言われます。

そして、「確かにその通りだな!」と思い大変なことがあっても、自分を成長させるためのチャレンジだと思うようにしました。

強いて言うなら、やはりコミュニケーションの部分が大変だなと思います。
話しているときに、上手く伝わらないことなどがあり、まだまだ、しっかりと勉強しなくてはと感じます。

・インターンを通して成長を感じたこと/学んだこと

語学力やコミュニケーション力はもちろんですが、考え方が成長したなと感じます。

先の項目であげたように、ネガティブに物事をとらえがちですが、それをポジティブに考えたりする力がついたなと思います。

自分自身に関わることをネガティブにとらえるのではなく、ポジティブにとらえるようになりました。

また、コミュニケーション力は友達と話すのとはまた別の、ビジネス上での英語のコミュニケーション力がついたなと思います。

・海外と日本で働くことの違い

プライベートと仕事がきちんと分かれているなと感じます。そして、自分の意見ははっきりと伝える!これが大きな違いかなと思います。

・インターンのやりがい

やはり、日本人の生徒様達から、「助かりました!」や「いてくれて良かったです」などのお話をいただくと、役に立ててよかったなと思います。

また、他の部門のスタッフからもヘルプを求められたときに、「ありがとう」や「助かった」などと言っていただけるととてもやりがいを感じます。

・現在について

Malta校でインターンを勤めさせていただいている最中です。

午前中は授業をうけ、午後はインターンをさせて頂いています。また、マルタで仕事を探して就職活動中です。

・今後の目標・挑戦

まずは、マルタでの就職が第一の目標です。

現地で働くことで、さらに英語力を伸ばしたいと思っています。
その後になりますが、第3言語としてのスペイン語の習得が出来たらいいなと思っています。

・今後のインターン生へのアドバイス

留学でも、ステキな経験を得ることが出来ると思うのですが、海外でのインターンという日本とはまた違った環境で働くということは、今までとはまた違った経験を得ることができます。

たとえば、実際に働いている外国人(先生以外)と知り合い、交流することで、様々な考え方を学んだりすることができます。

海外でインターンというとハードルが高そうな気がしますが、やりたいと思ったら、その気持ちを信じて一歩を踏み出してみると今までとはまた違った景色が見えてくるので、ぜひ挑戦をしてみてください!

Written by Emi Nagawa

自己紹介

はじめまして!
マルタ校インターン生のEmiです!!
昨年の12月~今年の5月末まで、Sprachcaffeマルタ校で勉強をしており、今年の9月からインターン生として戻ってまいりました。
これから、色々なマルタの魅力、留学生活などをご紹介させていただければと思います。