フランス留学 フランス情報

フランスはどんな国?
  • フランスへの入国と滞在
  • フランスの生活スタイル
  • フランスでの健康管理
  • フランスの歴史

フランス旅行・フランス留学は、日本では体験できないことを体験できる素晴らしいひと時となることでしょう。その上、フランス語が少しでもできると、気づきや楽しさがかわってきます。ぜひシュプラッハカフェのフランス語コースで、フランス語を学びながら観光をしてみてはいかがでしょうか。

フランスへの入国と滞在

フランスへの入国は、最大90日までビザの申請なく滞在することができます。90日を越えての滞在・語学勉強にはビザ申請が必要となります。シュプラッハカフェのフランス語コースのレッスン時間は、ビザ申請に必要な要件を満たしております*。また日本国籍の条件を満たす方は最大1年間滞在可能なワーキングホリデービザで滞在することも可能です。

*ビザ発給可否には様々な事由が考慮されるため、ビザが取得できることをお約束するものではございません。

フランスの生活スタイル

フランス人は社交的で生活における芸術家です。また人生を楽しむため、あらゆる機会を率直に受け止めます。旅行や留学で訪れても、快適さや居心地のよさを感じることができるでしょう。

フランス生活の色は、文化で創られていると言っても過言ではありません。レストラン・ファッション・お祭りなどあらゆる楽しみの中にフランス文化がちりばめられています。

フランスでの健康管理

フランスの医療体制は大変良く、きちんとした医療を受けられます。旅行・留学中は思わぬ事故や病気にかかる可能性が高くなりますので、保障内容のしっかりした旅行保険に入ることをおすすめいたします。

フランスの歴史

紀元前700年、ケルト人がフランスへ移住してきました。現フランスに位置するガリアに住む人々とローマ人のが対立した後、紀元前52年にはガイウス・ユリウス・カエサル率いるガリア族が勝ったといわれています。

15世紀にはイギリスとの戦争(百年戦争)が勃発し、最初は追い込まれたフランスも当時17才だったジャンヌダルクが率いると状況は逆転し、イギリスのほとんどを制圧して終結しました。1789年、フランス革命が本格化しましたが、その理由は市民の生活状態が悪化したためと言われています。物価の上昇が市民を苦しめ続けた後、1799年ナポレオンによって政権がにぎられ、新しい政治がはじまりました。

19世紀に入り、1870年~1960年頃まで海外に多くの植民地を構えたフランスは、1958年第五共和政が確立されて現フランスの前身となりました。