インタビュー:チームリーダーAlexander Dopleb

1.いつからSprachcaffeのチームリーダとして働いていますか?

チームリーダとして初めて仕事をしたのは、イギリス留学中の2009年です。そして再度2013年の夏から英語圏の校舎でチームリーダーとして定期的に働いています。

2.シュプラッハカフェの特別なところは何ですか?
国際色豊かな環境で仕事ができることです。様々な国から来た、留学や国際交流に情熱を持った素敵なチームメンバーと一緒に仕事をしていて、仕事場はいつも素敵な雰囲気です。この国際的でフレンドリーな雰囲気は、シュプラッハカフェという一つの会社の特徴であると思います。35年以上前にドイツで、イタリア人兄弟によって設立されたシュプラッハカフェは、今でもそのコスモポリタンな特徴があり、そして現在では世界各国に語学学校があります。

3. シュプラッハカフェのチームリーダーにはどのようにしてなれますか?
ウェブサイト上の求人広告から応募して、参加可能な期間を記載するだけです。21歳以上であること、語学力があること、赤十字が運営する救急法基礎講座を受講していることを証明できることが重要です。留学などの経験がある方、そしてオープンマインドな性格の方に適切な仕事です。採用候補となった後、チームリーダーを育成するトレーニングに参加して、トレーニングを無事修了した方が、その後、最終的な雇用契約書を結ぶことになります。

4. チームリーダーの仕事で一番楽しいと思うことは何ですか?
チームリーダーの仕事はどれもとても楽しく刺激的な仕事です。チームリーダーとして、監督、都市ガイド、相談役、コーディネーターとしての様々な役割を同時に担っています。私がこの仕事を楽しく取り組めるのは、チームリーダーーとして責任を持って自分のアイデア反映できる機会があるということです。チームリーダーコーディネートは常に改善提案に耳を傾けているので、語学プログラムや学校組織の取り組みにも参加することができます。その結果、学生が安全に留学を楽しんでいる姿を見た時、達成感を感じることができます。

5 あなたは何語を話せますか?
言語は長年、私の生活に欠かせないものでした。英語は第二言語になりかけていますが、スペイン語でもかなりコミュニケーションが取れます。勉強中に身につけた知識です。ニューカッスル(イギリス)に1年間滞在し、後にアンダルシアで学士論文を書きました。この素晴らしい時間の中で、私は今でも連絡を取り合っている様々な国の多くの素敵な人々と出会いました。

6.どのシュプラッハカフェの派遣先で働きたいですか?
どの目的地にも、それぞれの特別な魅力があります。イギリスの夏は比較的温暖で、他の国のように暑くはありません。ロンドンはもちろん首都としてのトップ旅行先ですが、ブライトンはビーチのロケーションと素晴らしい景観が魅力的です。何よりも、特にサセックス地方のイギリス訛りが好きです。
しかし、マルタはまた、素晴らしい景色と素晴らしい天候に恵まれた、とても美しい地中海の島でもあります。夏の間はとても暑くなることもありますが、ローシーズン(4月~10月)はとても快適です。結局のところ、私は2ヶ月間そこで過ごしました - そして、私は1つの雨の日だけを覚えています。

7.2015年夏の配属先はもう決まっていますか?

私は勉強を終えたばかりで、今はベルリンの小さな観光会社で経験を積んでいます。なので、今から夏の計画を立てるのはまだ早いですが、もちろん数週間はまた海外で働きたいと思っています。チームでの仕事は、すでに本気の情熱になっています!

8 シュプラッハカフェでのティーマーとしての最高の経験は?
昨年の夏のシーズン、私はセントジュリアンズ(マルタ)の語学学校のコーディネートを数週間引き受けることができました。それはエキサイティングな挑戦であり、もちろん、責任者側の自信の表れでもあります。コーディネーターになると、学生との接触が少なくなり、語学の授業以外の活動を企画したり、タスクを分配したりする時間が増えます。中でも、予算管理、本社との連絡、チームミーティングの議長、当直名簿の作成などを担当していただきます。一つは、いわばチーム側の語学学校の "監督 "である。本当に素晴らしい経験をさせていただきました。