Sprachcaffeフランクフルト校 留学体験談

Guten Tag!

フランクフルト校日本人インターン生のAikaです。

今回は、私の8ヶ月間のフランクフルト留学についてご紹介します。


語学コースについて

受講コース:スタンダードコース(20レッスン)
期間:3ヶ月間

私はドイツ語で会話ができるようになるために、会話メインのクラスを選びました。
先生がクラスメート全員に、「昨日は何してた?」「今週末は何するの?」と何気ない話題を振ったり、授業中に扱う教材から、「これについてどう思う?」と生徒に答えさせたりする環境です。

とにかく先生が聞き上手・話し上手なので、楽しみながらリスニングやスピーキング力を徐々に身につけていきました。
他のクラスでは、ひたすた問題集を解いていく試験に特化した授業もあります。自分の目的に応じていつでも自由にクラスを変更できるのは、とても魅力的だと思いました。

クラスメイトもヨーロッパ圏だけでなく、アジアからアメリカまで幅広く交流できるので、その国の文化を知る機会にもなります。

クラスメイトとは、ドイツ語を学ぶという共通の目的もあり、お互い支え合って取り組むことができました。

授業の後に、そのままクラスメートとレストランやカフェへ出かけることもあり、より一層相手のことを知ることができました。

中には、最短1週間で卒業する生徒もいて、一緒に過ごす時間を大切にして1日1日を過ごしていました。

宿泊施設について

宿泊施設:フランクフルト校内のコンフォートアパート

ダブルルームが2つ、シングルルームが1つずつあり、キッチンとバスルーム・トイレは共用です。
私が滞在したときは、最大3人で生活しました。

そして、近所のスーパーマーケット、REWEやtegut(徒歩5分)に買い物に行き、基本的には自炊をしていました。日本のように、スーパーにお惣菜なんて便利なものは存在しないので、少し辛かったです。
多い時は週一で、共同キッチンで日本食(手巻き寿司・お好み焼き・唐揚げなど)パーティーをしました。

始めてのシェアルームで少し不安もありましたが、これが海外か!と日本とのギャップを楽観的に捉えて過ごせていたので、毎日が刺激的でした。そして、何と言っても部屋から見える景色はとても綺麗で、毎日窓から外を眺めていました。

フランクフルトでの暮らしについて

今回が始めての海外生活なので、比べる対象国がありませんが、個人的にフランクフルトは生活しやすいと感じます。
フランクフルトへの留学の決め手は、空港が近いという利便性とSprachcaffeフランクフルト校があったからです。

そして、国際都市ならではの外国人慣れの安心感も理由の1つです。
ドイツに住む現地の人は、英語を話せる人がほとんどで、すぐに英語に切り替えてくれます。そして、フランクフルトにはいろんな国籍の方が住んでいるので、日本人(アジア人)としての孤独感はほとんどありませんでした。
一番心配だった治安に関しては、一部地域や時間帯を除けば問題なく生活できました。

また、フランクフルトは近隣諸国への旅行のしやすさも魅力だと思います。学校授業のない週末を使ったパリ旅行も経験しました。


Aikaさんは、ワーキングホリデーを利用して渡独され、シュプラッハカフェでドイツ語を学びながらフランクフルト校のインターン生として約2カ月間シュプラッハカフェの一員として働いてくれました。

ドイツ生活に役立つたくさんのブログを執筆してくださったので、フランクフルト校をご検討の方は是非読んでみてくださいね。

オンラインレッスン

ネイティブの講師陣と自宅で快適に語学学習

レッスン詳細

オンラインレッスンを受講して、次の留学で使える 5 % OFFクーポンをゲット