世界中のクリスマスについて

大人も子供もワクワクするクリスマスの季節になりました。世界中のたくさんの街が赤や緑、金色のデコレーションで彩られ、クリスマスに因んだ様々なイベントが催されています。

家族、友達、恋人など大切な人々と過ごす1年に一度の祭典、クリスマス。あなたはどんな忘れられない思い出がありますか?

クリスマスキャロルが街中で流れ、家がクリスマスのデコレーションで飾られ、テレビではクリスマス企画の番組が放送されています。そんなにぎやかで華やかなクリスマスのこの季節に、世界ではどんなことが起きているのかをご紹介いたします。

ドイツのクリスマス

メリークリスマス in ドイツ - Frohe Weihnachten !

ドイツでは12月6日に子供たちが、聖ニコラオスとその従者クネヒト・ループレヒトの訪れを待ちわびます。もしその子供が一年良い子で過ごした場合には、ドアの前にちょっとしたプレゼントが置いてあります。そのプレゼントとは、ドアの前に置いた靴の中にチョコレートやキャンディーなどがいっぱい入っているというものです。逆に良い子でいなかった子供には何もプレゼントがありません。クリスマスツリーは通常、クリスマスイブにデコレーションがされて、サンタクロースの訪れを待ちます。ドイツの伝統的なクリスマスはケーキやデザートなどでお祝いをします。

フランスのクリスマス

メリークリスマスinフランス - Joyeux Noël !

フランスのクリスマスは、キリストの誕生を再現した小さなフィギュア、「フィグリン」が有名です。フランスで伝統的に食べられるクリスマスケーキは暖炉の蒔の形をしています。こちらは皆さんも聞いたことがある「ブッシュドノエル」(bûche de Noël)といわれるもので、フランスではクリスマスから新年にかけて食べられます。クリスマスの豪華な食事を家族みんなで囲み、12月24日の夜にサンタクロースによってプレゼントが用意されます。フォアグラのパテ、サーモン、牡蠣、七面鳥がメインコースで並びデザートとしてアイスを食べます。

イギリスとアメリカのクリスマス

メリークリスマスinイギリス・アメリカ - Merry Christmas !

英語圏のイギリス、アメリカではどこもかしこもクリスマスのデコレーションで飾られ、街中ではクリスマスキャロルが流れています。この2つの国では、「クリスマスキャロル」「クリスマスプレゼント」「家族とのクリスマスディナー」と、この3つがクリスマスを代表する言葉であると言えます。またイギリス、アメリカではクラッカーと呼ばれる小さな筒型のギフトが食事のテーブルに置かれています。こちらの写真にある筒型の両端をひっぱると、ポンっと音がして空けることができます。中には格言や子供たちのために小さなギフトなどが入っています。

スペインのクリスマス

メリークリスマスinスペイン - Feliz Navidad!

スペインでは各家や路上にて、クリスマスイブの24日に"Mass of the Rooster"と呼ばれる一番鶏にてクリスマスのお祝いが開始されます。家族で食卓を囲み、スペインのクリスマス楽器として知られるzambombasでの音楽や歌でにぎやかにパーティーが開始されます。スペインでは新年も大切な家族の行事としてお祝いします。伝統として12個のブドウを食べて来る年の幸運を祈ります。12個のぶどうは来る年の12ヶ月分の幸運を表し、大晦日から新年にかけて1粒づつ幸運を祈りながら食べます。1月6日が最も重要な日であり、マギと呼ばれるイエスキリスト誕生時にギフトを持ってきた聖人から、子供たちがプレゼントをもらう日です。この日はグラスでブランデーを飲み、ポルボロンと呼ばれるクッキーを食べます。

日本のクリスマス

Merry Christmas in Japon - メリークリスマス !

日本のクリスマスといえば、家族や恋人、大切な友達と過ごす冬の一大イベントですね。日本のクリスマスで良く食べられるイチゴのショートケーキは、日本独自の形です。アメリカでショートケーキと言えば、パンとケーキの中間のような「ビスケット」と呼ばれるパンケーキ型の生地に生クリームやイチゴをはさんでトッピングしたものです。また日本特有のクリスマスの食事として「フライドチキン」があります。これはケンタッキー社が「クリスマスにはフライドチキン!」という習慣を作ったことがきっかけです。子供たちは25日の朝早く、ワクワクしながら目覚めて、サンタクロースからのプレゼントを楽しみます。

南アフリカのクリスマス

メリークリスマス in 南アフリカ- Merry Christmas, Gesëende Kersfees & Jabulela Ukhisimusi !

南アフリカではクリスマスは家族や友達と集まる大切な機会です。南アフリカではこのクリスマスシーズンは夏ですので、輝く太陽の元、プールやビーチの周りで大切な人とのクリスマスを過ごします。ブラーイはこの国の伝統的なクリスマス料理ですが、ほとんどの人々はアメリカやイギリスのクリスマスと同じ過ごし方をします。ある民族は、その宗教のしきたりに応じたキャンプを行います。そこでは伝統的料理のパップやMoroga、牛肉やヤギ肉が食卓に並びます。

モロッコのクリスマス

メリークリスマスinモロッコ - سنة سعيدة  !

モロッコはイスラム教のため、他国のようなクリスマスのお祝いは行いません。しかしフランスや西洋文化の影響もあり、家庭によっては子供たちを喜ばせるためにクリスマスのお祝いをするところもあります。新年はクリスマスよりもお祝いムードが高まります。国営テレビ番組ではクリスマスイブにお祝いの番組を放送し、街中のレストラン、ホテルやカフェなどのテレビではこの番組が流されます。

南米のクリスマス

メリークリスマスin南アメリカ - Feliz Navidad y Felices Fiestas !

南アメリカのクリスマスは、他の国の一般的なクリスマスの過ごし方と一緒です。古くからの伝統を受け継ぐ小さな街では、その伝統に因んだ行事が行われます。南アメリカではもちろん夏のクリスマスですが、他の国と同様に家族でたくさんの料理が並べられた食卓を囲みます。南アメリカのほとんどの国がカトリックのため、宗教的な意味のお祝いとイエスの誕生を表現した飾りがされます。そのほかのデコレーションは、アメリカで街や家で見られるクリスマスの飾りと同様のものです。また家に雪が積もったように 見せる飾りをして、夏のクリスマスの一風変わったデコレーションを楽しみます。12月25日は現地の人も旅行者も楽しませてくれる花火で夜空が彩られます。

 クリスマスの伝統、デコレーション、クリスマスの食事、天気など‥

世界的なお祝いだからこそ、様々な国で色んなお祝いの仕方があり、その違いを楽しめますね。留学中の方も、日本でクリスマスを迎える方も、その土地のお祝いの仕方で大切な人とのこのクリスマス休暇を楽しんでください。

世界中にいる皆さんへ、
素敵なクリスマスを過ごせますように

シュプラッハカフェから願いを込めて‥★

「メリークリスマス!」

オンラインレッスン

ネイティブの講師陣と自宅で快適に語学学習

レッスン詳細

オンラインレッスンを受講して、次の留学で使える 5 % OFFクーポンをゲット