ドイツ語の冠詞を正しく選択するためのヒントとコツ

ドイツ語を学ぶことはひとつの挑戦です。 文法の煩雑さはドイツ語を学ぶ人にとっては立ちはばかる壁となり得ます。特に生徒たちにとって厄介なのは、英語では"the"にあたる定冠詞や"a"にあたる不定冠詞ではないでしょうか。ドイツ語初心者にとって不規則に感じられるドイツ語の冠詞は厄介ですが、多くの場合、実はルールが存在します。今回は、正しいドイツ語の冠詞を見つけるためのヒントとコツを伝授します。


ドイツ語の冠詞について知っておくこと

冠詞とは、名詞を修飾または説明すると同時に、名詞が特定の何かを指しているのか、一般的なものを指しているのかを区別するために使います。

ドイツ語の冠詞を説明するには、属・数・格を考える必要があります。
属・・・女性、男性、中性
数・・・単数、複数
格・・・主格、対格、与格、属格

日本語には冠詞の概念はありませんが、他の多くの言語には冠詞が存在しています。冠詞は通常名詞の前に配置されます。冠詞には定冠詞と否定冠詞の2種類存在し、違いは次の通りです。

定冠詞:ドイツ語では、der・die・dasが該当します。明確な何かを説明する時に用いられます。

例)Der Hund rennt. / The dog is running.
この場合、ある特定の犬を指しています。

不定冠詞:ドイツ語では、ein・eineが該当します。物や人を特定できない場合、または不明な場合に用いられます。

例)Ein Hund rennt. / A dog is running.
この場合、誰の犬が走っているのかは明確ではありません。犬がいて、走っていることを示しているだけです。

ネイティブスピーカーにとっても冠詞の使い方は混乱を引き起こすことがあります。ドイツ語の正しい定冠詞を見つけるためのヒントを伝授します。

ドイツ語で正しい定冠詞を見つけるためのヒント

どの定冠詞を使用すべきかを知る最良の方法は、名詞の終わりを見ることです。 次の図は、どういった名詞の終わりがどの定冠詞を必要とするかを示しています。

この表に則らない、いくつかの例外や不規則性のある名詞はありますが、この規則を覚えておくと、ドイツ語を話すにあたって非常に役立ちます。

もう1つ、定冠詞のコツをお教えします。どの定冠詞が正しいかわからない場合には女性名詞の定冠詞である"die"を使用することです。 ドイツ語の名詞はほぼ45%が女性名詞で構成されているため、他の冠詞と比べて当たる可能性が高いです。なお、一番少ない冠詞は中性名詞の"das"です。

結論

ドイツ語を学ぶことは、特に文法においてはいくつかの困難を乗り越える必要がありますが、近道もたくさんあります。定冠詞のヒントを用いる内にルールがだんだんと身に付いてきて、冠詞に頭を悩ませることが少なくなります。

自分のドイツ語のレベルがどれくらいか、興味がありますか?

シュプラッハカフェの無料オンラインテストで自分の実力試しを!

オンラインレッスン

ネイティブの講師陣と自宅で快適に語学学習

レッスン詳細

オンラインレッスンを受講して、次の留学で使える 5 % OFFクーポンをゲット